中古重機を高値で売りたいなら必見【査定会社をしっかり選ぼう】

最新記事一覧

作業効率の高いトラック

トラック

運送以外の用途

トラックにはアルミウイングと呼ばれる荷台をもったトラックがあります。アルミウイングのウイングは羽という意味で、荷台の側面を開けると羽のような形状になり、アルミニウムでできていることからアルミウイングと呼ばれています。アルミウイングのトラックとドライバンと呼ばれる開口部が後ろにしかないトラックでは、作業効率が全く異なります。ドライバンでは後ろからしか荷物の積み下ろしができないのに対して、アルミウイングでは左右と後方の3か所から同時に荷物の積み下ろしができます。また開口部が広いのでフォークリフトを使っての作業効率が高いことも特徴です。荷物の積み下ろしが終わったら、ウィング部を閉じればドライバンと全く同じ形状になるため、走行時の荷崩れがなく、雨がふったときでも雨に濡れる心配もありません。作業効率が良いことからアルミウイング車は、10トンといった大型貨物車に使われることが多かったですが、今では2トンの小型貨物車から4トンの中型貨物車にも使われるようになりました。アルミウイング車は運送業者や製造現場でも人気になっていますが、別の用途で利用されることもあります。それは荷台にスピーカーやマイクや配線をセットしておくことによって、演奏場所に到着したらアルミウイングを開くだけですぐに演奏をすることができるため野外ライブに使われるようになりました。準備や後片付けの時間を削減することができ、走行中はラッピングして宣伝にも使われています。

Copyright© 2018 中古重機を高値で売りたいなら必見【査定会社をしっかり選ぼう】 All Rights Reserved.